小田原城の裏手にある清閑亭に行ってみました。
清閑亭は旧貴族院副議長の黒田長成侯爵の別荘だった邸宅と庭園で、国登録有形文化財に登録されています。

小田原駅からは徒歩で15分以上かかります。私は城内を通り、イヌマキの木の横を通っていきました。
入館料は無料。開館時間は11時〜16時で、毎週火曜日が定休日です。
館内は希望すればスタッフの方が案内してくださるようです。
清閑亭では、さまざまなイベントが開催されていますので、イベント(⇒HPへリンク)にあわせて行くのも良いかもしれません。
f:id:yummy21:20110907110213j:image:w400

f:id:yummy21:20110907111036j:image:w400
当時のままの素敵なランプが残されています。
f:id:yummy21:20110907110917j:image:w400
広いお庭を見ながら、コーヒーも飲めるようです。
コーヒーまたは紅茶とお菓子のセットで300円です。
f:id:yummy21:20110907110833j:image:w400
2階には「書の間」があります。相模湾も見渡せる良い眺めです。
f:id:yummy21:20110907110637j:image:w400
素敵な模様が彫られた欄間。
f:id:yummy21:20110907110425j:image:w400
入り口のところに立派な巨木発見。
f:id:yummy21:20110907111007j:image:w400